確認必須!子供と講師の相性が成否の鍵です

やる気が出る・出ないも相性次第

個別指導塾は生徒と講師が1対1で授業を行います。生徒の理解度に合わせてカリキュラムが組まれるということもあり、個別指導塾は成績アップに繋がると考えられがちです。ただ、成績が上がる・下がる、授業にやる気が出る・出ないも講師との相性が大きく関わってくるようです。生徒と講師の間にしっかり信頼関係が気付けていれば、より頑張ろうという気持ちにもなります。逆に相性が悪い講師だと生徒側もやる気が起きず、思ったような成績アップが見込めないケースがあるのです。相性が合う・合わないかは授業中のやり取り以外にも、休憩中の何気ない会話でも分かります。相性の良い講師だと成績アップだけでなく、精神的にも落ち着いて受験が受けられるというメリットもあるようです。

お子さんの性格に合う講師を選ぼう

生徒と講師の相性は性格によっても変わってきます。例えばプレッシャーをかけられると、それが負担となり授業に身が入らなくなる性格のお子さんもいれば、逆にプレッシャーをかけられることでやる気がアップするお子さんもいます。たくさんほめられて伸びる場合もあれば、ほめられると「バカにしている」と感じるお子さんもいるようです。また自分が得意な科目は少し厳しい先生から学びたいといけれど、苦手な科目は優しい先生の方が良いというケースもあります。お子さんの性格に合った講師を選ぶことが、個別指導塾では特に重要なポイントとなります。じっくりお子さんと話してみて、講師との相性を見極めることが受験成否に繋がることもあるということを覚えておきましょう。