意外と融通が利く??部活をやっているお子さんにはおすすめです!

個別指導塾なら振替しやすい

学校生活では、勉強だけでなく部活も頑張りたいですよね。学業と部活動を両立させるため、部活後に学習塾で勉強している生徒はたくさんいます。部活をやっている以上、練習時間が伸びたり不定期の集まりがあったりするのは、避けられないでしょう。そんな場合でも、意外と融通が利くのが個別指導塾です。個別指導塾では席さえ空いていれば、曜日を変更したり後のコマに時間をずらしたりするのを認めてくれる場合が多いです。担当講師の席が空いていなければ、別の講師を案内されることもありますが、基本的には前回の授業の流れに沿って進めていくため、指導内容が大幅に変わるということもありません。決まった曜日に決まった講師から教わるのが一番ですが、部活でどうしても塾に行けない日があるという生徒には、個別指導塾はおすすめです。

振替希望の場合は、早めに連絡しよう

個別指導塾では、決められた曜日・時間に生徒が来ることを前提に、担当講師が待機しています。そのため、病欠以外の授業直前の連絡や無断欠席の場合は、振替を認めていない塾もあります。「指導日の前日までに連絡を入れること」といったルールが塾にあれば、そのルールに従い連絡を入れるようにしましょう。あらかじめ欠席することが分かっているなら、早めに塾に連絡し、希望の振替日・振替時間を伝えておくのがおすすめです。塾側も、できるだけ担当講師が指導できるよう、配慮しやすくなります。たとえその日だけ別の講師の指導を受けることになったとしても、講師同士で指導内容を引き継ぐなど準備ができるため、違和感なく授業を受けることができるでしょう。

小学生の塾は、学校の授業の予習や復習をメインに行う塾や、中学受験を目指している受験生の塾などがあります。学校の授業以外の英会話や英語、ソロバンや習字などを習う塾も多いです。